若いのにほうれい線!?消えるの?原因と対策、解消法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若いのにほうれい線!?消えるの?原因と対策、解消法について


年齢とともに現れるほうれい線。ほうれい線は女性にとって敵のようなものです。

しかし、ほうれい線は若い方達にも現れる人には現われてくるのです。

油断しているとそのうちほうれい線が出てきてしまうかもしれません。

ここでご紹介するのは、若い年代からでてくるほうれい線の原因と対策または解消法についてお教えしたいと思います。

 

~若い年代のほうれい線の原因は?~

鏡を見たときに口元と鼻の間にくっきりと線が入っていませんか?それがほうれい線です。

若い年代からほうれい線があると目立ってしまいます。まず主な原因をお教えしたいと思います。

 

・間違ったスキンケアで肌トラブルが…

10代から20代の世代はメイクを楽しむ世代でしょう。メイクを落とすときに正しい方法で落とさないと肌が乾燥してしまいます。

例えば、化粧水だけのお手入れで終わっているとせっかくお肌に水分を補給したのに蒸発してお肌から逃げてしまいます。

そうなると乾燥肌になってしまい、ほうれい線の原因となってきます。

 

・骨格の歪み

日常生活で頬杖をつく癖のある人はいませんか?またバックを片方の方にかけっぱなしの人はいませんか?このような癖がある人は要注意です。

骨格が歪むことでバランスが崩れてしまい、片方のほうれい線だけ目立つという事が起こってしまう可能性があるのです。

頬杖やバックのかけ方には注意しましょう。

 

・紫外線による肌のダメージ

10代から20代の世代は外出する機会が多いでしょう。特に日差しの強い日は紫外線も強くなってきます。

外出する際に日焼け止めクリームなどを塗らずにそのまま外出してしまうと紫外線を直接浴びてしまい、肌へダメージを与えてしまいます。

結果ほうれい線が出てきてしまいます。外出する際は気を付けましょう。

 

・私生活の乱れ

疲れてメイクを落とさずそのまま寝てしまう、化粧水を使わない、夜更かしなんかも肌の負担が大きくなってきます。

このような私生活の乱れがほうれい線の原因になってくるのです。早めの改善を心掛けるようにしましょう。

 

主な原因は以上です。若い世代の方達は夜更かしをしがちですよね。ですがそれはほうれい線への一歩と考えて

下さい。ぜひ気を付けていきましょう。

 

 

~ほうれい線は治せるの?~

出てきてしまったほうれい線、消したい。

治し方なんてあるの?対策は?と疑問に思っている人は多いでしょう。

治し方・対策はあります。

ここでしっかりと治し方・対策を身に着けておきましょう。

 

・スキンケアを見直しましょう。

先ほども伝えた通り化粧水だけでは水分が蒸発してしまい、乾燥肌を引き起こしてしまいます。

正しいスキンケア法を学び、実践していきましょう。スキンケアは化粧水だけでなく、乳液を使用します。

乳液を使用することによって水分の蒸発を防いでくれます。

一番重要な役割を果たしています。順番は洗顔→化粧水→乳液です。使用量を守ってスキンケアをしていきましょう。

 

・肌への摩擦を少なくする

スキンケアをする際に化粧水をコットンに含ませてから行う人もいるでしょう。

あまり強くこすりすぎると肌への摩擦のダメージが加わり、逆に乾燥肌を引き起こすもととなってしまいます。

こすりすぎ・たたき過ぎには注意しましょう。

 

・私生活を改める。

睡眠不足はお肌の敵とよく言われますがまさにまさにその通りです。睡眠不足はお肌へに負担をかけてしまいます。

最低でも6時間以上は睡眠をとるようにしましょう。6時間以上眠って朝起きたときに、すっきりと目が覚めることもできます。

一石二鳥になりますので、睡眠時間はしっかりと確保するようにしてください。

 

いかがでしたか?

ほうれい線は40代から50代に出来るものと思われがちですが、10代から20代にも現れてくるのです。

しっかりと対策をしてほうれい線を作らないようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る