ほうれい線を○○○で消す方法! こんな簡単だったんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほうれい線を○○○で消す方法! こんな簡単だったんだ。

 


こんにちは。

 

何だか口元にほうれい線?笑いジワ?というようなすらっと伸びたシワができていませんか?

 

そんな時の見分け方は、そのシワが常にあるのか?

というのが、ポイントになってきます。

 

ほうれい線というのは、鼻の両脇から、唇の両端に伸びている線2本の線のことを表します。

 

『ああ、これってほうれい線だったのか・・。』

 

『どーしたら、ほうれい線を消せるの?』

 

ここまでくるとこのような疑問や気持ちになると思います。

 

そんな人のために、今回この記事では、ほうれい線ができてしまった原因や、ほうれい線を消す方法などを書いていきたいと思います。

 

 

これが原因! ほうれい線ができてしまう理由

 

ここでは、ほうれい線ができてしまう原因について書いていきたいと思います。

 

ほうれい線って、何だかおばあちゃんみたいな印象を与えてしまう気がしますよね。

年齢より、老けて見えてしまうのは、世の中の女性皆嫌ですよね。

ほうれい線は、深くシワが刻まれることで確認できるシワでもあるので結構厄介です。

 

お化粧をする際に、ファンデーションなんかがほうれい線に入り込んで、何だか嫌な気持ちにもなると思います。

 

そんなほうれい線。

いったいなぜできてしまうのでしょうか?

答えは、とても簡単です。

 

それは、お肌のたるみが原因だったんです!!

お肌がたるんできてしまうということは、お肌に弾力がなくなっている状態のことを言います。

 

加齢や、紫外線の影響により、肌の弾力や、ハリを保つ真皮層が変性し、肌をたるませるです。

 

それに加え、表情筋の衰えなども影響してきます。

まず、ほうれい線には、浅いほうれい線と、深いほうれい線があります。

 

浅いほうれい線の場合は、この表情筋が深く関わってきています。

表情筋は、表情を出す際に使われているもので、その表情の動きを形状記憶して覚えてしまっています。

 

その影響で、小さく、細かくほうれい線が刻まれてしまって行っています。

 

深いほうれい線の場合は、加齢が深く関わっています。

 

肌の内部にあるコラーゲンやエラスチン線維の劣化や減少、そして筋肉の衰えなどといわれています。

コラーゲンや、エラスチンが減ってしまうと、肌の弾力やハリを保つことが難しくなり、重力によって口元付近に皮膚のたるみができてしまうのです。

この影響は、年々、歳をとるごとに引き起こされています。

 

では、このほうれい線、解決する方法はないのでしょうか?

 

 

ほうれい線を、メイクによって消す方法!??

 

ここまでで、ほうれい線の原因については理解できたかと思います。

ここでは、ほうれい線をメイクによって消す方法をご紹介したいと思います。

 

みんなが悩んでいるほうれい線。

メイクによって、消してしまいませんか?

 

ほうれい線をメイクで消す際に必要なのは、保湿から始まります。

お肌が乾燥していると、化粧が浮いてしまう可能性があり、さらにほうれい線を目立たせてしまう可能性があるので、気を付けましょう。

 

 

ここからは、実際のメイク方法です!

 

まず、液体ファンデーションを全体に薄くなじませましょう。

 

次に、ほうれい線の影を飛ばすコンシーラーを使用しましょう。

色は、自分のお肌よりも明るめの色を選んでみるといいでしょう!

 

最後に、目元を暖色で化粧する。

目元!?となると思いますが、これは、ほうれい線から視線を逸らすという効果があります。

 

これだけで、効果的なほうれい線を消すメイクをできると思います。

あとは、自分で研究して自分にあったほうれい線を消すメイクを試行錯誤してみてください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る