昨日までとはまるで違う!ゴルゴ線がガラリと変わったハイライト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日までとはまるで違う!ゴルゴ線がガラリと変わったハイライト


【ゴルゴ線をメイクで目立たなくさせよう!】

ゴルゴ線というのは目頭あたりから頬にかけて出来るライン状の線のことです。

実はこの線はシワではなく頬の筋肉と頬のたるみから出来る脂肪のたるみ線なのです。

 

このゴルゴ線が出来ると疲れて見えたり老けて見えたりしてしまいます。

スキンケアを頑張って綺麗なお肌でも、この線があるだけで台無しに感じますよね。

 

そんなゴルゴ線は少しでも薄くしたい・・・

しかしこの線を薄くするにはリフトアップマッサージをしても簡単にたるみが解消されにくく長い月日がかかってしまうのです。

一度できると消すのに苦労する恐ろしい線と言われているゴルゴ線を、手軽に1日数分でできるメイクで解消しましょう。

 

メイクをする時にゴルゴ線が気になって、ついそこに重点を置いてしまいファンデーションにコンシーラーにパウダーと厚く重ねがちです。

ゴルゴ線を埋めようとファンデーションを厚く塗ると溝にファンデーションが深く入り込み、笑顔になったり表情を変えたり、気になって手で触れたりするとよれやすいので、ゴルゴ線が浮き出てきて逆効果ですのでベースメイクはなるべく薄く塗っていきましょう。

 

またゴルゴ線付近のみワントーン明るいファンデーションを使うのもおすすめですがどうしてもファンデーションですとナチュラルには仕上がりませんよね?

 

そこでゴルゴ線をナチュラルに消す秘策はずばりハイライトなのです。

 

 

シワやくすみを色でカバーするコンシーラーと違い、ハイライトは光を拡散させてシワやたるみをまるでなかったかのようにしてくれます。

ゴルゴ線は頬がたるんで出来た溝なので、その溝を光で飛ばして目立たなくさせましょう。

 

ハイライトはゴルゴ線に沿って細く入れます。

そして馴染ませるため指の腹でぴったりと抑えていきますがここでなぞったり、

広げたりすると拡散しすぎて効果がないのであくまで軽く抑える程度にしましょう。

 

するとたった数分でゴルゴ線に部分に底上げ効果が出て目立たなくなります。

さらにノーズシャドウを入れて濃淡をつければ効果は倍増しますよ。

(この時Tゾーンにハイライトを入れないほうがゴルゴ線の明るさが目立つので効果あります)

 

もちろんメイクでゴルゴ線を隠しても根本的な解消方法にはなりません。

ですが毎日人の目を気にしてストレスになってしまうのも肌にいいことではありませんよね。

 

メイクでゴルゴ線を目立たなくさせ、人の目を気にせずにストレスフリーで過ごし、お休みの日や家にいる時に平行して保湿をしっかり行い、

リフトマッサージを取り入れ地道に努力積み重ねていきましょう。

そうするといつの間にか本当のゴルゴ線も消えているかもしれませんよ。

 

ゴルゴ線が薄くなるだけで-5歳に若見えします。

ゴルゴ線が気になる方はぜひ1日数分で出来るお手軽メイク方法を試してみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る