20代から気になり30代には口周りの笑いジワが酷くて老け顔になってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代から気になり30代には口周りの笑いジワが

酷くて老け顔になってます。


なんか、よくみると口元の年齢が老けてる?

私の口元ってこんなかんじだったけ?

 

これって笑いジワなの?

それとも、ほうれい線?

こんな口元は嫌だ・・。

なんて思っている方も多いですよね。

 

今回は、そんな方のために、口元の笑いジワの改善方法をご紹介させていただきます。

 

これで安心! 口元の笑いジワの対策方法

やはり口元の笑いジワだけの止まらずに、肌環境悪化の要因を担っているのは、『乾燥』ではありませんか?

口元のシワもまた、感想を防ぐしかありません。

 

乾燥によるシワは、一つ一つがとても細かいものになっています。

この細かくて気にならないようなシワが集まることによって、くっきり現れるような大きくて深いシワになります。

 

この、大きくて深いシワになる前に、しっかりと保湿して対策することが大切です。

特に、秋冬は空気自体が乾燥してしまうので、マスクを着用して口周りのしっかりとした保湿が大事になります。

 

笑いジワということは、常に笑っていることによっても引き起こされてしまいます。

ニコッと笑うと、ほうれい線のような笑いジワが現れますよね?

 

ニコッと笑う時には筋肉を使っていることになります。

その仕草を筋肉が記憶して、さらに皮膚にも線がくっきりと現れてしまいます。

 

対策としては、お風呂に入り、血行が良い状態での、シワを伸ばすマッサージを行います。

その後、自分にあった美容成分が入った美容液を使い、シワになっている部分に奥まで届くように優しく塗りましょう。

 

表情筋は、マッサージを使うことによっても対策することができます。

手軽で、どこでもできますが結構恥ずかしい表情もあるので家の中でやるのがいいでしょう。

 

その方法とは、

口を自分が開ける最大の大きさを意識して開きます。

そのあと、下を前の方に突き出します。

その状態を20秒頑張ってキープしましょう。

 

この一セットができたら、ゆっくりと口の筋肉を意識しつつアイウエオと口を動かします。

 

これを、毎日3分ぐらいやると結構効果が現れると思います。

私も、実際にやってみましたが、下を突き出すやつがとても辛く感じましたが、

表情筋にはとても効果を実感できました。

 

 

まとめ

今回は、口元の笑いジワの改善についてを書かせていただきました。

笑いジワって、なんだか気分が滅入ってしまいますよね。

 

もっと早く対策しておけばよかった。と後悔する方も多いと思いますが、これらの対策は子に記事を見た今からでも有効ですので、

ぜひお試しください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る