ほうれい線を消したい!そう思うなら行動しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほうれい線を消したい!そう思うなら行動しましょう


年を重ねるごとに小鼻から口角にかけて深く刻まれるほうれい線ですがそもそもこれって何で出来てしまうのでしょうか?

主な原因としては、加齢ですが他にも肌の乾燥や、ストレス、紫外線、栄養不足などが挙げられています。

ほうれい線は顔の印象を決めるといっても過言ではないほど目立ちますよね。

 

でもその ほうれい線は消せるのです!

このページではほうれい線の消し方についてお話していきます。

 

日頃からほうれい線がつきにくい習慣をつけることでこれからできるほうれい線を予防できるかもしれません。

これは無意識かもしれませんが、横を向いていたりうつ伏せ気味で寝ていたりしませんか?

 

頬が寄りシワが入ったまま寝ているとどんどんそのシワに癖がついてしまいます。

 

さらにアップヘアにすることが多い方は、

結んでいる最中に引っ張られていた皮膚が伸び元に戻った際にたるんでしまいほうれい線になる事もあるようです。

食事中も注意が必要です。

 

咀嚼する際はできるだけ意識して両側の歯で噛むとかたよりがなくたるみづらくなります。

毎日のスキンケアの際には、気になるほうれい線・シワの部分は念入りに保湿した方が刻まれたほうれい線が目立ちにくくなるようです。

 

ここまでは予防についてのお話でしたが実際にほうれい線を消すには表情筋を鍛えるのが効果的な様です。

普通に生活しているだけでは30種類ある表情筋のなんと3割の表情筋しか動かせてないのだとか。

 

その表情筋を鍛えるエクササイズはインターネットで調べると沢山の方法が出てきますが、

こちらではその中でも有名な2点のエクササイズをご紹介したいと思います。

 

 

 

・割り箸を使ったエクササイズ

割り箸を割らずに横にした状態にして前歯でくわえます。

そのまま口角を上げて、割り箸の横線よりも上にあがるようにした状態で30秒キープしてください。

簡単の様に感じますが結構キツイですよ。

こちらは3回1セットで3セット行うと効果的の様です。

 

 

・あいうべ体操でエクササイズ

こちらは福岡にあるみらいクリニックの院長である今井先生が開発したという顔の体操です。

テレビでも何度も取り上げられているほど有名なものですが、これで免疫力が高くなりインフルエンザ予防につながったり、

口呼吸の人が鼻呼吸になる、口臭が予防されるなどいいことづくしですのでやって損はないと思います。

本家の今井先生がブログに書いていた方法をこちらで紹介しますね。

 

1.「あ」と喉の奥が見えるくらい大きく口を開けます

2.口を思いっきり横に「い」と力を入れる。しっかり口を開くと首に筋が浮き出ます。

3.タコのように「う」と口をしっかり前に突き出します

4.「べ」下を下に向かって伸ばします。思い切ってやると舌の付け根が痛むかもしれませんが少し刺激を感じるくらいにやると効果的だそうです。

 

大げさなくらいにやるとより効果的かもしれませんね。

30セットを1日2.3回やると良いそうです。

少し多いので大変かもしれませんが、トイレや個室など人が見ていないところならすぐできるので気軽に実践できるので是非やってみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る